太陽光発電の取り付け価格

家庭用のソーラー発電システムが導入された1994年当初は、1kwあたり約200万円もする超高価な設備でしたが、現在では1kwで50万円〜55万円程度にまで価格が下がり比較的導入しやすくなりました。

この1kwあたりの単価のことを、「kW(キロワット)単価」と呼びます。

kW単価は、太陽光発電システム導入に関連する諸々の価格(太陽電池モジュール、周辺機器、工事費、諸経費等)をシステムの容量で単純に割った金額ですが、これから太陽光発電を導入しようと考えている方は、kW単価 50万円〜55万円を目安にして覚えておくと、予算の目処を立てる際に便利かも知れません。

「kW単価」は、部品代や工事費など太陽光発電システムの全てを含めた価格を、そのシステムの発電量(kW数)で割って算出します。

【太陽光発電システムの導入価格 ÷ 発電量(kw数) = kw単価】

ただし、住宅の屋根型などの現場の要件や、システムの規模、さらに太陽電池の種類によってもこの目安は変わってきます。

たとえば屋根型で考えると、シンプルな切妻屋根と、屋根面が多く複雑な屋根掛けになりやすい寄棟屋根とでは、切妻のほうが費用は安上がりですし、複雑な寄棟になると割高になります。

システムの規模では、住宅用ソーラー発電システムの平均的な容量は3.59kwですが、これよりも小さなシステムになっていくと、kw単価は高目になるでしょう。逆に4kwぐらいだと、55万円程度になってくると思います。

実は、この55万円という価格が大きなポイントで、太陽光発電普及拡大センター(J-PEC)が交付する補助金の対象が税別価格で「kW単価55万円以下(2012年度)」という基準があるため、補助金の交付を受けるために多くの販売店がこの基準価格以下になるように提案することが多いのです。

2009年までは1kwあたり70万円までのシステムが該当していたのですが、2012年度は55万円に下がっているので補助金の申請を検討されている方は注意が必要です。申請の際は業者と打ち合わせのうえ、工事単価がオーバーしないように申請するようにしましょう。

太陽光発電の価格に関しては、メーカーごとに取扱っている太陽電池の種類も異なるということも影響してきます。ソーラーシステムの太陽電池では多結晶型シリコン系の太陽電池がいちばん普及していますが、価格は少し高くなるけれど発電効率の高い単結晶型+アルモファス型(HIT太陽電池とも言われている)というものもあります。

他にも実用化されて間もないCIS薄膜型太陽電池などもありますが、目安として掲げてある1kwあたり55万円という金額は、いちばん普及している多結晶型シリコンを採用した場合だとお考えください。


なお、早めに予算を把握しておきたい方は、業者を通じて概算の見積もりを依頼してみることをおすすめします。


スポンサードリンク

太陽光発電について

「価格が30〜40%ほど下がりました」「顧客第一に提案して頂き、非常に良かった。」

太陽光発電の設置価格は販売店によって大きく異なるのが現状です。
1社だけで設置を決めてしまうと、相場よりも高い費用がかかってしまったということにもなりかねません。見積もりの内容よっては、数十万円もの価格の差が開く場合もあります。
ソーラーアドバイザーでは、最大5社の価格を比較し、一番安い業者を見つけることができます。最短3分の簡単入力で、複数業者から見積もりが届きます。

また、ソーラーアドバイザーを利用したユーザーの体験談を見ると、

『価格が30〜40%ほど下がりました(60代 男性)』
『(ソーラーアドバイザー)で決めた会社は信頼性が高く非常に研究熱心で顧客第一に提案して頂きき、非常に良かった。(40代 男性)』
『セールスの会社の見積もりより、ソーラーアドバイザーを通じての見積もりの方が安かった(30代 男性)』


と価格・サービスともに満足の声が多数寄せられているようです。「本当に信頼できる業者にお願いしたい」「インチキ業者・ぼったくり業者に騙されたくない」という方は、ソーラーアドバイザーを利用して、良心的な価格で販売している業者様を見つけてください。

>> ソーラーアドバイザーで一括見積もりする方はこちら

複数の業者の価格を比較したい

無料見積りで最大5社の価格を比較
最大5社の価格を比較し、一番安い業者を見つけることができます。

太陽光発電の基礎知識

太陽光発電の費用・コスト

売電について

導入前に知っておきたいこと

メーカー別比較

太陽光発電のメリット

太陽光発電の補助金

太陽光発電のちょっとした疑問

オール電化の基礎知識

オール電化の費用・コスト

メーカー別の価格