太陽光発電の効率を良くする方法 温度編

太陽光発電の効率を良くする方法について、ここでは温度編ということでご紹介していきましょう。

太陽光発電の効率と温度はどのような関係があるのでしょうか。

太陽電池の特徴として、温度が低ければ低いほど発電効率がアップするということがあります。
逆に、温度が高ければ高いほど発電効率が下がります。

太陽光発電の基準温度は25度とされていますが、10度温度がアップすれば、4%の温度を損失するとされています。
ということは、50度まで温度がアップすれば、10%以上も効率が下がるということになります。
季節でいうと、2月頃から春先にかけては、発電量が最も高くなります。
逆に、温度が高くなる夏になると、発電量は低くなります。

最近は、このような温度変化があっても、それなりの発電量を保てるようにということで、温度変化に強いパネルを作っているメーカーもあります。
このように、太陽光発電の効率と温度は非常に深い関係があることを、ぜひ覚えておきましょう。

太陽光発電の効率を良くする方法 角度編

太陽光発電の効率を良くする方法について、ここでは角度編ということでご紹介していきましょう。
太陽光発電がより発電するためには、太陽に向いている方が、つまり角度が太陽の方を向いている方が効率はいいように思えますが、実際どうなのでしょうか。

実は、太陽光発電の効率をよくする最適な方角と角度というのがあります。
それは、南向きで、傾斜角30度程度です。

ただし、屋根への日射量を南側が100%とした場合は、南東、南西では95%、真東、真西でも82.8%になりますので、それほど変わらないということが分かります。
でも、ベストなのは真南ですね。

また、傾斜角についても、30度を100%とした場合、20度にしても98%以上の日射量を確保できますので、これもそれほど変わらないということですね。
ただし、北側に設置した場合の発電電力量は50%程度と半分以下になり、大きく低下します。
このように太陽光発電の効率と角度は非常に深い関係があります。

太陽光発電の効率を良くする方法 面積編

太陽光発電の効率を良くする方法について、ここでは面積編ということでご紹介していきましょう。

面積の広さによって、太陽光発電の効率は変わってくるのでしょうか。

太陽光発電の発電量は、太陽電池面へ降り注ぐ日射量に比例するといわれています。
つまり、日射量が増えれば増えるほど発電量が増えるということになります。

そもそも太陽電池の容量は、JIS規格によって算出された太陽電池モジュールの最大出力の合計値とされています。

実際に使用するときの出力は、日射しの強さや、面積、角度、方角、設置環境や地域条件などによって異なります。

面積もその条件のひとつだということですね。

ちなみに、設置面に雪が降り積もってしまった場合は、発電しません。
ただし、雪が降ってもすぐに雪が溶けてしまうような状況ならば、それなりの発電量が期待できます。

このように、太陽光発電の効率には、面積をはじめ様々な条件が関わってきますので、導入する際は、そのような条件についても、しっかり考えるようにしましょう。

スポンサードリンク

太陽光発電について

「価格が30〜40%ほど下がりました」「顧客第一に提案して頂き、非常に良かった。」

太陽光発電の設置価格は販売店によって大きく異なるのが現状です。
1社だけで設置を決めてしまうと、相場よりも高い費用がかかってしまったということにもなりかねません。見積もりの内容よっては、数十万円もの価格の差が開く場合もあります。
ソーラーアドバイザーでは、最大5社の価格を比較し、一番安い業者を見つけることができます。最短3分の簡単入力で、複数業者から見積もりが届きます。

また、ソーラーアドバイザーを利用したユーザーの体験談を見ると、

『価格が30〜40%ほど下がりました(60代 男性)』
『(ソーラーアドバイザー)で決めた会社は信頼性が高く非常に研究熱心で顧客第一に提案して頂きき、非常に良かった。(40代 男性)』
『セールスの会社の見積もりより、ソーラーアドバイザーを通じての見積もりの方が安かった(30代 男性)』


と価格・サービスともに満足の声が多数寄せられているようです。「本当に信頼できる業者にお願いしたい」「インチキ業者・ぼったくり業者に騙されたくない」という方は、ソーラーアドバイザーを利用して、良心的な価格で販売している業者様を見つけてください。

>> ソーラーアドバイザーで一括見積もりする方はこちら

複数の業者の価格を比較したい

無料見積りで最大5社の価格を比較
最大5社の価格を比較し、一番安い業者を見つけることができます。

太陽光発電の基礎知識

太陽光発電の費用・コスト

売電について

導入前に知っておきたいこと

メーカー別比較

太陽光発電のメリット

太陽光発電の補助金

太陽光発電のちょっとした疑問

オール電化の基礎知識

オール電化の費用・コスト

メーカー別の価格