太陽光発電の価格は今後、下落していくのか?

太陽光発電の動向をずっと見ていくと、システムの価格が下がってきていることがはっきりと分かります。しかし、価格の低下傾向は急激なものではなく、あくまでジワジワと下がっているという感じです。

太陽光発電の価格が下落傾向にあるのなら、導入時期を見合わせたほうが良いようにも思いますが、太陽光発電導入の魅力のひとつでもある、売電単価は市場価格の実勢に応じて、年々下がっていきます。設置時期を見送ることで導入コストを抑えることができても、売電単価が下がるようでは、初期費用の回収に時間がかかることになります。このように太陽光発電の価格は、買い控えによって普及に歯止めがかからないよう、価格変動はある程度管理されているとも言えるでしょう。

このようなことから、よく言われている「太陽光発電の価格は下落するから、あわてて買うことはない」という考えは成り立たず、導入時期はあくまでユーザーの計画次第ということになります。太陽光発電はむやみに導入を早める必要はないけれど、価格下落を見込んで計画を先送りするメリットもないというのは、やはり固定価格買取制度が効いているところが大きいと思います。

市場価格の低下は官民あげての取り組み
2008年の7月に閣議決定された「低炭素化社会づくり行動計画」のなかで「太陽光発電の価格が、今後数年のうちに現在の半額ぐらいに……」という目標宣言がありました。、当時から太陽光発電に関心を持っていた方なら記憶されていることでしょう。

ただしここで宣言されていることは、たとえばあと5年ぐらいで、太陽光発電の価格が半額になるとしたわけではなく、そうなるぐらい、太陽光発電の普及に国をあげて尽力するということを宣言しているわけです。その具体策のひとつが、売電単価が2倍となった(あくまでスタート当初においてということですが)固定価格買取制度であり、一度打ち切りとなっていた補助金制度が2009年に復活したのも、太陽光発電の普及価格の実現のために必要なことだからでしょう。

また太陽光発電のコストダウンは、企業側でも、商品開発や量産体制の構築などで貢献しています。太陽光発電の価格を安くすることは、官民あげての取り組み課題となっているわけです。

現在はシリコンが供給過多の状況
売電単価の変遷を考慮しなければ、システムの価格は安いに越したことはありません。太陽光発電の価格はこのまま下がり続けるのでしょうか。

現在、太陽光発電の主原材料となるシリコンは、大まかに言うと市場でダブついている状況にあります。これは世界同時不況以前は、シリコンの需要がずっと優っていたために、将来に向けて世界的な生産能力拡大が進められたのですが、欧州危機などの影響もあり、それまでソーラーパネルの需要を支えていたヨーロッパの市場が低迷しはじめ、供給過多に陥ったことが引き金となっています。

この状況は、言わずもがな、しばらく続くことは間違いありません。在庫過多は価格低下を招きますので、ユーザーにとってはありがたい傾向ですが、ダブつきが解消されるほど需要が活性化していない点は問題と言えます。

安価なシステムが本格的に検討されるようになった
太陽光発電は現在でも結晶シリコンの太陽電池を採用している製品が主流ですが、いっぽうでCIS型と呼ばれる、シリコンを用いない安価な化合物系のシステムも普及しはじめています。
国内で化合物系の太陽光発電システムを製造販売しているのは、ソーラーフロンティアとホンダソルテックですが、とくにソーラーフロンティアでは、化合物系太陽電池のネックとなっている変換効率の低さを年々改善しており、気候環境、温度環境に影響を受けにくい安価なシステムは、本格的に市場で導入検討されるようになってきています。

また中国を中心としたアジアの新興パネルメーカーも台頭しており、新興メーカーや家電量販店とのタイアップによって、より安価な太陽光発電システムが2010年あたりから供給されるようになってきています。

こうした低価格パネルの製品が日本市場に導入されるようになると、既存製品の価格にも影響が出てきます。こうした新たな動きが業界全体の価格低下を促す力になっているわけですね。

それでも価格下落は緩やかに進む
ただし、太陽光発電の価格がゲリラ的に、一気に下落することはないと考えられます。なぜなら、材料コストがたとえ半額になっても、工賃は半額まで下がることはないからです。

また材料だけをとっても、コストが半分にまで下がるということは考えにくいことです。これは冒頭でも触れた通り、市場の値段が下がってしまうと売電単価も下落してしまい、反動として買い控えが生じることになるからです。

太陽光発電の価格は間違いなく普及価格へ進んでいくでしょうが、あくまでそれは緩やかに移行していくもので、全体的に価格下落が急激に進むことはまずないと考えて良いでしょう。

スポンサードリンク

太陽光発電について

「価格が30〜40%ほど下がりました」「顧客第一に提案して頂き、非常に良かった。」

太陽光発電の設置価格は販売店によって大きく異なるのが現状です。
1社だけで設置を決めてしまうと、相場よりも高い費用がかかってしまったということにもなりかねません。見積もりの内容よっては、数十万円もの価格の差が開く場合もあります。
ソーラーアドバイザーでは、最大5社の価格を比較し、一番安い業者を見つけることができます。最短3分の簡単入力で、複数業者から見積もりが届きます。

また、ソーラーアドバイザーを利用したユーザーの体験談を見ると、

『価格が30〜40%ほど下がりました(60代 男性)』
『(ソーラーアドバイザー)で決めた会社は信頼性が高く非常に研究熱心で顧客第一に提案して頂きき、非常に良かった。(40代 男性)』
『セールスの会社の見積もりより、ソーラーアドバイザーを通じての見積もりの方が安かった(30代 男性)』


と価格・サービスともに満足の声が多数寄せられているようです。「本当に信頼できる業者にお願いしたい」「インチキ業者・ぼったくり業者に騙されたくない」という方は、ソーラーアドバイザーを利用して、良心的な価格で販売している業者様を見つけてください。

>> ソーラーアドバイザーで一括見積もりする方はこちら

複数の業者の価格を比較したい

無料見積りで最大5社の価格を比較
最大5社の価格を比較し、一番安い業者を見つけることができます。

太陽光発電の基礎知識

太陽光発電の費用・コスト

売電について

導入前に知っておきたいこと

メーカー別比較

太陽光発電のメリット

太陽光発電の補助金

太陽光発電のちょっとした疑問

オール電化の基礎知識

オール電化の費用・コスト

メーカー別の価格