太陽光発電の基礎知識

太陽光発電は環境に優しいクリーンなエネルギーとして現在最も注目されている発電方法のひとつです。

地球温暖化防止を推進するため、日本においては国や各自治体が補助金制度を導入したり、電力会社が余剰電力を買い取るなどして導入率向上を目指しています。

太陽光発電は、無限とは言えない化石燃料に代わる新世代の資源として注目されているのです。

太陽光発電は読んで字のごとく、豊かな太陽の光を電力に変換しエネルギーとして供給するシステムです。
一般家庭であれば、自宅の屋根などに設置された太陽電池で太陽光を電気に変え、専用の機械に収集してから電力として供給されます。

一連の過程において二酸化炭素などを排出することもなく、騒音も一切ないので日常生活に支障をきたすことは全くありません。

最近では屋根に太陽電池パネルが設置された建物は、それほど珍しくないほど見かけるようになりましたね。

太陽光発電は無償の太陽光を電気に変えて利用できるため、ご家庭の電気料金を大幅に減らすことができるという点も魅力のひとつでしょう。
余剰電力が発生した場合にはかえって利益になるということもありますので、経済的メリットは大きく、且つ省エネ意識も高まります。

また、オール電化住宅との相性の良さもあり、オール電化住宅の建物では太陽光発電も設置しているケースが多くなっています。

自家発電ですから災害時等でも電力が使えるというのも非常に大きなメリットでしょう。

太陽光発電は、尽きることなく恵みをもたらす太陽の光をエネルギーとして利用できる最良のシステムといえるのです。


太陽光発電の初期費用

太陽光発電は環境に優しく、省エネにも役立つシステムだとはわかっていても、初期設置費用がどの程度かかるのかという点が気になるところです。
あまりにも高額なものだと、家計に負担をかけてまで設置しようとは思いませんね。

まず、太陽光発電に必要な設備を挙げてみましょう。
太陽光を吸収し電気に変える「太陽電池モジュール」、その電気を収集し家庭用電気に変換する「パワーコンディショナー」、電気を配分する「分電盤」、電気の利用状況がわかる「買電売電メーター」が基本的に必要になります。

これらの設備は設置される建物が新築か否か、屋根の形状や素材、発電容量等によって費用も違ってきます。

一般家庭での年間の消費電気量の平均的な数値は約3,600kwとされており、太陽光発電システムが1kwにつき年間約1,000kwを発電できることから、発電容量は4kwが主流のようです。

太陽光発電の1kwあたりの設置費用はおよそ70万円ですので、4kwの発電容量の場合には概ね280万円程度の初期費用がかかることになります。

ただし、ここ数年は国や地方自治体が太陽光発電設置への補助金を導入していることから、1kwあたり約50〜60万円まで初期費用を抑えることができます。

よって諸条件により差はありますが、太陽光発電の初期費用は約220万円ということになります。

それだけ見ると安い費用ではありませんが、設置以降のメリットを含めると決して割高ではないことがわかるはずです。

太陽光発電の初期費用は、このように条件によっても違が生じるため、インターネットで比較してみたり、専門業者に相談してみると良いでしょう。


太陽光発電の取り付け価格

太陽光発電の取り付け価格は、一体どのくらいなのでしょうか。

太陽光発電は自分で簡単に取り付けられるというものではありませんから、業者に頼まなくてはなりません。

従って、太陽光発電を設置する時には、取り付け価格もプラスして考えなければなりません。

目安となるデータを一つ上げておきますと、平均68.4万円/kWという価格があります。

これは平成17年のデータですが、基本的には、大体このくらいになると考えておいて良いでしょう。

例えば、3kWのシステムを導入する場合は、3.0kw×68.4万円で2,052,000円と、大体200万円前後となります。

ただし、太陽光発電本体と同じように、太陽光発電の取り付け価格についても、設置場所や工法などによって、高くなることもあれば、反対に安くなることもあります。

こればかりはそれぞれの家ごとに違いますので、見積もりを取る時にどのくらいになるのかということをしっかりと確認しておきましょう。


太陽光発電は、何年でもとが取れる?

太陽光発電を自宅に導入した場合、かかった費用に対してどれくらいでもとが取れるのかという点はやはり気になるところでしょう。

もとが取れるということは、設置費用を回収するということになりますから、いかに現状よりも光熱費を節約できるかがポイントになります。

たとえば、光熱費が電気とガスを併用しているご家庭が太陽光発電を導入したオール電化に切り替えたとします。

一般的なご家庭であれば、太陽光発電の導入により光熱費が1月あたり約1.5万円、年間で約18万円節約できると試算されています。
太陽光発電の初期設置費用を約220万円として計算すると、約12年ほどでもとが取れるということになります。

もちろん導入時の変化の具合や生活スタイル、初期費用によって20年くらいかかる場合もあります。途中でメンテナンスが必要になり、コストが上乗せになる場合もあるでしょう。

しかし、太陽光発電を導入することで省エネ意識が向上し、今以上に電気の使用量を抑えられることもあるのです。

そう考えると、当初の試算よりも早くもとが取れる可能性も十分にあり得ます。
家族がそろってエコを意識し、できることから少しずつやってみるのも良いですね。

もとを取れる期間を長いと感じるか、短いと感じるかは人それぞれかもしれません。

太陽光発電の導入は地球環境の保全への取り組みが第一のテーマであり、お金儲けのために行うことではないはずです。

そういった意識があれば、回収の期間を深く気にし過ぎるようなことはないですね。


太陽光発電の取り付け価格

太陽光発電の取り付け価格は、一体どのくらいなのでしょうか。

太陽光発電は自分で簡単に取り付けられるというものではありませんから、業者に頼まなくてはなりません。

従って、太陽光発電を設置する時には、取り付け価格もプラスして考えなければなりません。

目安となるデータを一つ上げておきますと、平均68.4万円/kWという価格があります。

これは平成17年のデータですが、基本的には、大体このくらいになると考えておいて良いでしょう。

例えば、3kWのシステムを導入する場合は、3.0kw×68.4万円で2,052,000円と、大体200万円前後となります。

ただし、太陽光発電本体と同じように、太陽光発電の取り付け価格についても、設置場所や工法などによって、高くなることもあれば、反対に安くなることもあります。

こればかりはそれぞれの家ごとに違いますので、見積もりを取る時にどのくらいになるのかということをしっかりと確認しておきましょう。

太陽光発電の耐用年数はどれくらい?

太陽光発電の耐用年数は、一体どのくらいなのでしょうか。

太陽光発電を導入しようという時には、その耐用年数も気になるところですよね。

太陽光発電とひとくちにいっても、いろいろな種類やタイプがありますし、設置の場所や環境、条件によっても異なります。

そのため一概にいうことはできませんが、一般的には太陽光発電の耐用年数は20年といわれています。

しかし、太陽光発電の周辺機器は10年が寿命だとされていますので、第一段階としては10年がひとつの目安になるかもしれませんね。
とはいえ、太陽電池部分は長持ちしますので、長期間持つ場合もあります。

太陽光発電には、それぞれに保証期間が設けられています。
導入時に、どのくらいの耐用年数があって、保証期間があるのかということもチェックしておくと良いでしょう。
耐用年数については、詳しくはそれぞれのメーカーのホームページやカタログに掲載されていますので、事前にしっかりチェックしておきましょう。


太陽光発電のコストが回収できるのはいつ?

太陽光発電のコストが回収できるのはどれくらいなのでしょうか。
太陽光発電システム自体安いものではありませんし、長期的なコストも気になるところですから、ぜひ知っておきたいですよね。

太陽光発電のコストが回収できるのは、一般的には平均で15〜20年といわれています。
例えば、4人家族を想定した場合は、20〜30年で初期コストが回収できるとされています。
ただ、節電して使うよう心がけていれば、さらに5年、場合によっては10年くらい短くなることも考えられます。
つまり、使い方も大きく影響するということですね。

また、深夜電力を使った契約などであれば、こちらも5年ほど短くなることがあるそうです。
電力契約の方もしっかり考えなければなりませんね。

このように、太陽光発電のコストがどのくらいで回収できるかということについては、シミュレーションソフトで算出できるようになっています。
見積もりを取る時に、ぜひシミュレーションソフトでコストの回収時期についても確認しておくと良いでしょう。

太陽光発電の効率を良くする方法 温度編

太陽光発電の効率を良くする方法について、ここでは温度編ということでご紹介していきましょう。

太陽光発電の効率と温度はどのような関係があるのでしょうか。

太陽電池の特徴として、温度が低ければ低いほど発電効率がアップするということがあります。
逆に、温度が高ければ高いほど発電効率が下がります。

太陽光発電の基準温度は25度とされていますが、10度温度がアップすれば、4%の温度を損失するとされています。
ということは、50度まで温度がアップすれば、10%以上も効率が下がるということになります。
季節でいうと、2月頃から春先にかけては、発電量が最も高くなります。
逆に、温度が高くなる夏になると、発電量は低くなります。

最近は、このような温度変化があっても、それなりの発電量を保てるようにということで、温度変化に強いパネルを作っているメーカーもあります。
このように、太陽光発電の効率と温度は非常に深い関係があることを、ぜひ覚えておきましょう。

太陽光発電の効率を良くする方法 角度編

太陽光発電の効率を良くする方法について、ここでは角度編ということでご紹介していきましょう。
太陽光発電がより発電するためには、太陽に向いている方が、つまり角度が太陽の方を向いている方が効率はいいように思えますが、実際どうなのでしょうか。

実は、太陽光発電の効率をよくする最適な方角と角度というのがあります。
それは、南向きで、傾斜角30度程度です。

ただし、屋根への日射量を南側が100%とした場合は、南東、南西では95%、真東、真西でも82.8%になりますので、それほど変わらないということが分かります。
でも、ベストなのは真南ですね。

また、傾斜角についても、30度を100%とした場合、20度にしても98%以上の日射量を確保できますので、これもそれほど変わらないということですね。
ただし、北側に設置した場合の発電電力量は50%程度と半分以下になり、大きく低下します。
このように太陽光発電の効率と角度は非常に深い関係があります。

太陽光発電の効率を良くする方法 面積編

太陽光発電の効率を良くする方法について、ここでは面積編ということでご紹介していきましょう。

面積の広さによって、太陽光発電の効率は変わってくるのでしょうか。

太陽光発電の発電量は、太陽電池面へ降り注ぐ日射量に比例するといわれています。
つまり、日射量が増えれば増えるほど発電量が増えるということになります。

そもそも太陽電池の容量は、JIS規格によって算出された太陽電池モジュールの最大出力の合計値とされています。

実際に使用するときの出力は、日射しの強さや、面積、角度、方角、設置環境や地域条件などによって異なります。

面積もその条件のひとつだということですね。

ちなみに、設置面に雪が降り積もってしまった場合は、発電しません。
ただし、雪が降ってもすぐに雪が溶けてしまうような状況ならば、それなりの発電量が期待できます。

このように、太陽光発電の効率には、面積をはじめ様々な条件が関わってきますので、導入する際は、そのような条件についても、しっかり考えるようにしましょう。


スポンサードリンク

太陽光発電について

「価格が30〜40%ほど下がりました」「顧客第一に提案して頂き、非常に良かった。」

太陽光発電の設置価格は販売店によって大きく異なるのが現状です。
1社だけで設置を決めてしまうと、相場よりも高い費用がかかってしまったということにもなりかねません。見積もりの内容よっては、数十万円もの価格の差が開く場合もあります。
ソーラーアドバイザーでは、最大5社の価格を比較し、一番安い業者を見つけることができます。最短3分の簡単入力で、複数業者から見積もりが届きます。

また、ソーラーアドバイザーを利用したユーザーの体験談を見ると、

『価格が30〜40%ほど下がりました(60代 男性)』
『(ソーラーアドバイザー)で決めた会社は信頼性が高く非常に研究熱心で顧客第一に提案して頂きき、非常に良かった。(40代 男性)』
『セールスの会社の見積もりより、ソーラーアドバイザーを通じての見積もりの方が安かった(30代 男性)』


と価格・サービスともに満足の声が多数寄せられているようです。「本当に信頼できる業者にお願いしたい」「インチキ業者・ぼったくり業者に騙されたくない」という方は、ソーラーアドバイザーを利用して、良心的な価格で販売している業者様を見つけてください。

>> ソーラーアドバイザーで一括見積もりする方はこちら

複数の業者の価格を比較したい

無料見積りで最大5社の価格を比較
最大5社の価格を比較し、一番安い業者を見つけることができます。

太陽光発電の基礎知識

太陽光発電の費用・コスト

売電について

導入前に知っておきたいこと

メーカー別比較

太陽光発電のメリット

太陽光発電の補助金

太陽光発電のちょっとした疑問

オール電化の基礎知識

オール電化の費用・コスト

メーカー別の価格