Co2の排出量を減らせる

太陽光発電の最大の魅力は、なんと言ってもCo2の排出量を減らせるところにあるでしょう。

太陽光発電は地球に優しい発電システムです。従来の発電システムの主流とも言える火力発電所では、化石燃料を使用して発電してきました。

こうした化石燃料などの資源には限りがある上、地球温暖化の原因ともなるCo2を大量に排出することにもつながります。

しかし、太陽光発電ならそれこそ無尽蔵に電気を発電できると言っても決して過言ではないでしょう。
さらに、排出ガスがないのでCo2の排出量も減らせることができます。

これまで、日常生活においてCo2の排出量を減らせるかどうかを考えている人はあまりいなかったのではないでしょうか。

太陽光発電は、当然自分の家で電気を発電することになります。

今まであまり電気を意識したことがない人でも、自分の家で発電をしているとなれば自然と節電に関心を持つ人が増えるでしょう。こうした節電意識は、エコに対する意識向上にもつながるのです。

エコ意識が強くなれば、それだけCo2の排出量を減らせる機会を太陽光発電のみに求めるのではなく、日常生活全般に対しても問題意識を持つようになるのではないでしょうか。

こうした意識改革をおこなう機会が得られるところが、太陽光発電を利用する隠れたメリットともいえます。

Co2を排出しないクリーンエネルギーを利用し地球に優しい環境を目指す上でも、太陽光発電の利用は、地球規模で取り組んでいく課題への第一歩になるのです。


光熱費が節約できる

太陽光発電を利用する最大のメリットのひとつとして、光熱費が節約できることが挙げられます。

太陽光発電を利用すれば、いわば自家製の電力を使うことになります。そうなれば、電力会社から電気を買う必要がなくなります。

もちろん、天気が悪い日や夜間などは電力会社から電気を買わなければなりません。
しかし、常時電気を購入することを考えると、大幅に光熱費が節約できることが期待できます。

他にも光熱費が節約できる理由はあります。それは、太陽光発電を利用して発電した電力は、電力会社に売ることができるのです。

当然、売れた電力の差額分は安くなります。
1日でみるとそこまで大きな額ではないかもしれませんが、年間を通してみると大幅な電気代のダウンが期待できるでしょう。

さらに光熱費が節約できる方法としては、オール家電がお勧めです。

オール家電製品にはIHクッキングヒーター、電気式床暖房、エコキュート(電気式給湯設備)などがあります。オール家電にすれば、ガス代がかからなくなります。

太陽光発電であれば電気を割安で利用できるため、その分ガス代よりも光熱費を抑えることができるでしょう。

太陽光発電は天候などに大きく左右されるため、具体的にどの程度電気代が安くなるかということは一概にはいえません。

しかし、利用者によっては太陽光発電とオール家電に切り替えて、1年で約20万円の節約につながった例もあります。

こうしたことからも、光熱費を節約できる手段として太陽光発電はかなり有益な手段と言えます。


余った電気が売れる

太陽光発電には、余った電気が売れるという大きなメリットがあります。

売れるのはあくまで「余った分の電気」で、発電した電気が全て売れるというわけではありませんが、経済的にはとても魅力のあるシステムといえます。

余った電気が売れる、と言われても具体的にイメージしにくいかもしれません。太陽光発電を設置すると、昼間など日が出ている時に発電します。

そして夜や天気の悪い日は、電力会社から電気の供給を受けます。

発電による消費量よりも発電量が多くなると、自動的に余剰分の電力が電力会社に売られるようになります。売った分の電気量は換価され、これも自動的に口座に振り込まれる仕組みになっています。

「系統連携型方式」と呼ばれるこのシステムにより、利用者は特に面倒な手続きをすることなく余った電気が売れるのです。

さらに、2009年11月から電力会社が買い取ってくれる一般住宅においての余剰分の電気の買取り価格が、1kWhあたり48円になりました。
これまでの買取り価格は1kWhあたり23円で、発電コストなどを考えると電気を売ることにはそれほどメリットがあるわけではありませんでした。

しかし、買い取り価格が約2倍になったことで、余った電気が売れるという太陽光発電の利用者のメリットは大きなものになったと言えます。

このように余剰電気の買取り価格が上がれば、太陽光発電システムを取り入れる際に気になる採算性も良くなります。

これまでは、20年以上でもとが取れると言われていましたが、現在は、一概には言えませんが、大体15年くらいでもとが取れると言われています。

このように、余った電気が売れるという太陽光発電のメリットは、利用者にとってはますます大きなものになってきています。


停電時にも使える

太陽光発電を利用していれば、電気が停電時にも使えると思う人もいるかとは思いますが、通常の状態では停電したら太陽光発電も利用できなくなります。

通常時はパワーコンディショナーという装置が、発電した電気を変換して家庭でも使える状態にしています。
このパワーコンディショナーに電気を供給しているのは電力会社です。

そのため停電してしまうとパワーコンディショナーも使用できなくなり、太陽光発電も利用できなくなるのです。

しかし、停電したら電気が全く使えなくなるのかというと、決してそんなことはありません。
太陽光発電のシステムには、「自立運転モード」という仕組みがあります。この自立運転モードを利用すれば、電気が停電時にも使えるようになります。

仮に災害などで停電になったとします。
通常なら停電中は、当然テレビやラジオなどの使用にも支障をきたします。

しかし、こうした家電製品を停電時にも使えるようにしてくれるのが太陽光発電です。

停電時には自立運転モード専用のコンセントに使いたい家電品のコードをつなげば、システムの発電により蓄えた電力を使って家電品が使用できるのです。

停電中も電気を供給できれば、情報収集の面でも大変心強くなるでしょう。

携帯電話も問題なく停電時にも使えれば周囲の人との連絡も取りやすくなりますし、災害に巻き込まれた場合などは、周りの人にとっても大きなメリットになるはずです。

太陽光発電というと、光熱費削減やクリーンエネルギーという側面が注目されがちです。

しかし、そうしたこと以外にも、電気が停電時にも使えるという、災害時などの状況下でも大きな助けになるメリットもあるのです。

スポンサードリンク

太陽光発電について

「価格が30〜40%ほど下がりました」「顧客第一に提案して頂き、非常に良かった。」

太陽光発電の設置価格は販売店によって大きく異なるのが現状です。
1社だけで設置を決めてしまうと、相場よりも高い費用がかかってしまったということにもなりかねません。見積もりの内容よっては、数十万円もの価格の差が開く場合もあります。
ソーラーアドバイザーでは、最大5社の価格を比較し、一番安い業者を見つけることができます。最短3分の簡単入力で、複数業者から見積もりが届きます。

また、ソーラーアドバイザーを利用したユーザーの体験談を見ると、

『価格が30〜40%ほど下がりました(60代 男性)』
『(ソーラーアドバイザー)で決めた会社は信頼性が高く非常に研究熱心で顧客第一に提案して頂きき、非常に良かった。(40代 男性)』
『セールスの会社の見積もりより、ソーラーアドバイザーを通じての見積もりの方が安かった(30代 男性)』


と価格・サービスともに満足の声が多数寄せられているようです。「本当に信頼できる業者にお願いしたい」「インチキ業者・ぼったくり業者に騙されたくない」という方は、ソーラーアドバイザーを利用して、良心的な価格で販売している業者様を見つけてください。

>> ソーラーアドバイザーで一括見積もりする方はこちら

太陽光発電の基礎知識

太陽光発電の費用・コスト

売電について

導入前に知っておきたいこと

メーカー別比較

太陽光発電のメリット

太陽光発電の補助金

太陽光発電のちょっとした疑問

オール電化の基礎知識

オール電化の費用・コスト

メーカー別の価格