余った電気が売れる

太陽光発電には、余った電気が売れるという大きなメリットがあります。

売れるのはあくまで「余った分の電気」で、発電した電気が全て売れるというわけではありませんが、経済的にはとても魅力のあるシステムといえます。

余った電気が売れる、と言われても具体的にイメージしにくいかもしれません。太陽光発電を設置すると、昼間など日が出ている時に発電します。

そして夜や天気の悪い日は、電力会社から電気の供給を受けます。

発電による消費量よりも発電量が多くなると、自動的に余剰分の電力が電力会社に売られるようになります。売った分の電気量は換価され、これも自動的に口座に振り込まれる仕組みになっています。

「系統連携型方式」と呼ばれるこのシステムにより、利用者は特に面倒な手続きをすることなく余った電気が売れるのです。

さらに、2009年11月から電力会社が買い取ってくれる一般住宅においての余剰分の電気の買取り価格が、1kWhあたり48円になりました。
これまでの買取り価格は1kWhあたり23円で、発電コストなどを考えると電気を売ることにはそれほどメリットがあるわけではありませんでした。

しかし、買い取り価格が約2倍になったことで、余った電気が売れるという太陽光発電の利用者のメリットは大きなものになったと言えます。

このように余剰電気の買取り価格が上がれば、太陽光発電システムを取り入れる際に気になる採算性も良くなります。

これまでは、20年以上でもとが取れると言われていましたが、現在は、一概には言えませんが、大体15年くらいでもとが取れると言われています。

このように、余った電気が売れるという太陽光発電のメリットは、利用者にとってはますます大きなものになってきています。

スポンサードリンク

太陽光発電について

「価格が30〜40%ほど下がりました」「顧客第一に提案して頂き、非常に良かった。」

太陽光発電の設置価格は販売店によって大きく異なるのが現状です。
1社だけで設置を決めてしまうと、相場よりも高い費用がかかってしまったということにもなりかねません。見積もりの内容よっては、数十万円もの価格の差が開く場合もあります。
ソーラーアドバイザーでは、最大5社の価格を比較し、一番安い業者を見つけることができます。最短3分の簡単入力で、複数業者から見積もりが届きます。

また、ソーラーアドバイザーを利用したユーザーの体験談を見ると、

『価格が30〜40%ほど下がりました(60代 男性)』
『(ソーラーアドバイザー)で決めた会社は信頼性が高く非常に研究熱心で顧客第一に提案して頂きき、非常に良かった。(40代 男性)』
『セールスの会社の見積もりより、ソーラーアドバイザーを通じての見積もりの方が安かった(30代 男性)』


と価格・サービスともに満足の声が多数寄せられているようです。「本当に信頼できる業者にお願いしたい」「インチキ業者・ぼったくり業者に騙されたくない」という方は、ソーラーアドバイザーを利用して、良心的な価格で販売している業者様を見つけてください。

>> ソーラーアドバイザーで一括見積もりする方はこちら

複数の業者の価格を比較したい

無料見積りで最大5社の価格を比較
最大5社の価格を比較し、一番安い業者を見つけることができます。

太陽光発電の基礎知識

太陽光発電の費用・コスト

売電について

導入前に知っておきたいこと

メーカー別比較

太陽光発電のメリット

太陽光発電の補助金

太陽光発電のちょっとした疑問

オール電化の基礎知識

オール電化の費用・コスト

メーカー別の価格