金銭的な メリット・デメリット

太陽光発電のメリット・デメリットは、いろんな側面から考えることができますが、ここでは金銭的な側面で、メリット・デメリットを見ていきたいと思います。

自宅で電気がつくれることは生活防衛の手段にもなる
太陽光発電を導入する場合の、金銭的なメリットとして考えられるのは、今なら電気料金の高騰へのリスクヘッジとなるという点にあると思います。

今後しばらく、電気料金は値上がり続けると考えられます。少なくともこの先、今より電気料金が下がるということは考えにくいことです。もし下がる局面が訪れるとするなら、それは再生可能エネルギーによる発電施設が全国的に稼働するようになり、電力供給のカタチが今とは異なるものに変わるようになってからのことではないでしょうか。

さらにこれからは、消費税のほかにもさまざまな税金が上がることになるでしょう。当然ながら一般家庭の固定支出の増大は、家計をどんどん圧迫することになります。そんななかにあって、太陽光発電を導入することで、家庭で使用する電気の半分以上は自宅の屋根で黙っていてもつくられるわけですから、生活防衛の手段としても有効なものと言えると思います。

もちろんシステムを導入するにあたっての初期費用は大きいですから、一定期間はマイナスとなりますが、導入した発電システムからは毎日電気がつくられるのですから、背負い込むマイナスも100%の負債ではありません。

売電単価が下がらないうちに太陽光発電を導入できた場合は、初期投資のもとをとることも可能ですし、単月ベースで見た場合は、毎月の支出を減らすことにも貢献してくれるでしょう。とくにローンを使わないで導入できる方なら、銀行に預けるより利回りは良いですし、失敗する率が高い金融投資に余裕資金をつぎ込んでしまうより、お金の使い方としては賢いと思います。

ローンを使うにしても、住宅ローンやリフォームローンは現在も低金利で推移しています。組み方に注意すれば損をしないで計画できるはずです。


デメリットはやはり初期費用が高いということ
反対に太陽光発電のデメリットですが、これは初期費用が高いので、誰でも簡単に導入できるものではないということになるでしょう。実際に機器の導入コストは相当下がってきていることは間違いありません。しかし初期費用は200万円前後の金額になるわけですから、誰もがやすやすと用意できる金額ではないこともたしかです。

また導入コストが下がっていくにつれて、補助金額も売電単価も下がっていきますので、タイミングによっては、元をとることが難しくなることも考えられます。固定価格買取制度がスタートしたことで売電単価はそれまでの2倍近くになりましたので、太陽光発電は元をとれる確率が高くなりましたが、自然を相手にするものですから元が取れることが約束されているわけではありません。

太陽光発電の導入は、住宅の新築ほどではありませんが、工事に付随して複数の建築関連業者に仕事が発生しますので、社会貢献度の高い消費になります。ですから、たとえ元が取れないとしても、それをデメリットと言ってしまうのはさびしい話かも知れません。ただし今のタイミングで導入した場合でも、元が取れたらラッキーというぐらい控えめに考えておいたほうが良いと思います。


太陽光発電補助金制度の今後
なお太陽光発電の補助金制度の今後の動向ですが、平成24度の補助金制度の概要で示されたような、一定の変換効率をキープしながらも、導入単価をおさえられるような品質規定が、毎年の制度改定のなかで要請されていくと考えられます。

それは、たとえば今の2段階区分のボーダーライン(1kwあたり47.5万円)が少しずつ下がっていくということです。太陽光発電補助金制度は、本来、普及が進むことで市場単価を下げていく狙いの制度ですから、その方向に進むことは当然の流れです。市場単価を見ながら、おそらく来年度も修正されてくることになるでしょう。

それと補助金額は年々減少していくことになるのも仕方のないことです。かつての補助金制度と比較してもあまり意味はありませんが、現在の補助金額は1kwあたりで3万円〜3.5万円ですから(2011年度は4万8千円)、「せっかく補助してもらえるのだから、一応利用しておきましょう」というような規模になっていることは否定できません。

システム単価の低価格化も進んでいますので、もっと安くなるまで待つという考えもありますが、自治体独自のものも含めて補助金制度を少しでも有効に活用するのなら、早めに計画を進めることが大事であることは言うまでもありません。

スポンサードリンク

太陽光発電について

「価格が30〜40%ほど下がりました」「顧客第一に提案して頂き、非常に良かった。」

太陽光発電の設置価格は販売店によって大きく異なるのが現状です。
1社だけで設置を決めてしまうと、相場よりも高い費用がかかってしまったということにもなりかねません。見積もりの内容よっては、数十万円もの価格の差が開く場合もあります。
ソーラーアドバイザーでは、最大5社の価格を比較し、一番安い業者を見つけることができます。最短3分の簡単入力で、複数業者から見積もりが届きます。

また、ソーラーアドバイザーを利用したユーザーの体験談を見ると、

『価格が30〜40%ほど下がりました(60代 男性)』
『(ソーラーアドバイザー)で決めた会社は信頼性が高く非常に研究熱心で顧客第一に提案して頂きき、非常に良かった。(40代 男性)』
『セールスの会社の見積もりより、ソーラーアドバイザーを通じての見積もりの方が安かった(30代 男性)』


と価格・サービスともに満足の声が多数寄せられているようです。「本当に信頼できる業者にお願いしたい」「インチキ業者・ぼったくり業者に騙されたくない」という方は、ソーラーアドバイザーを利用して、良心的な価格で販売している業者様を見つけてください。

>> ソーラーアドバイザーで一括見積もりする方はこちら

複数の業者の価格を比較したい

無料見積りで最大5社の価格を比較
最大5社の価格を比較し、一番安い業者を見つけることができます。

太陽光発電の基礎知識

太陽光発電の費用・コスト

売電について

導入前に知っておきたいこと

メーカー別比較

太陽光発電のメリット

太陽光発電の補助金

太陽光発電のちょっとした疑問

オール電化の基礎知識

オール電化の費用・コスト

メーカー別の価格